多くのキャッシングサービス、そして全てのカードローンは、いまや日本中に存在しているコンビニとコンビニのATMを利用することで、それこそ24時間365日、いつでもどこでも現金をキャッシングできるサービスです。

一度、契約を済ませてカードを作成しておくことで、このような便利な利用方法が可能になるわけですが、1つだけ問題があります。銀行やコンビニATMを利用するには手数料がかかるということです。

ですが、キャッシングやカードローンサービスの中には、コンビニATM手数料が無料なサービスがあります。そのようなコスト的にもお薦めのサービスはこちらになります。



<ランキング>



コンビニATMを利用したキャッシングやカードローンでかかる手数料は、現金をキャッシング(出金)するときにかかります。手数料には消費税もかかっており、キャッシングした金額に上乗せされて利用残高となって返済するまで残ります。

キャッシングする金額に応じて手数料は増減し、多くのキャッシングサービスでは1万円以下の利用には100円(税別)、それ以上の金額になると200円(税別)などとなっています。
コンビニATMの利用手数料はキャッシングするときだけではなく、カードを利用して入金することによる繰り上げ返済を行ったときにもかかってしまいます。

こうした手数料が無料になるメリットは言うまでもないことでしょう。意外なことに、手数料があることによるメリットもわずかに存在します。借りるときの抑止効果があるという点です。

繰り上げ返済のときにコンビニATMを利用すれば手数料がかかりますが、指定日に銀行口座から自動で引き落とされることによる返済である「約定(やくじょう)返済」では手数料はかからず、その日までの金利負担のみです。

このように、繰り上げ返済に手数料がかかると、そのまま約定返済日まで借りたままにするか、手数料を支払ってでも繰上げ返済を行うか判断を迷うということになってしまいます。手数料が無料になるということは、このような煩わしさからも開放される点で大きなプラスです。繰り上げ返済を迷わせるようなものは一つも無いのがベストです。

コンビニATM利用手数料完全無料を謳ったサービス以外でも、銀行グループのキャッシング会社の場合、親会社である銀行にあるATMを利用した際は手数料がかからない場合があります。銀行同士の提携関係などは頻繁に変わるため、どの銀行やコンビニATMを使えば無料になるのか、時々は調べて見ると良いでしょう。

このページの先頭へ